スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
手にしつくしたものから その目に色褪せるなら
 昨夜は内Pでしたねー!!

 だるまさんが転んだ大好きだ…っていうかふかわ死んだー!!(爆笑) はぁ…ふかわ。HDDに残して永久保存ですよ。というか玉職人…



 キチンと朝起きして、父と31のバラエティーパック買いに行きました。スヌーピーの皿が欲しかった。いや、アイスが食べたかった。半分知り合いの家に届けに行ったら息子さん達がドラゴンボールGT見てて草尾の声が聞こえて「はぅっ!」って感じでした。

 

 其の後行ってきましたよーカラオケぇぇぇ。例のメンバーとね! 初め誰も曲入れない(笑) っていうか僕はTODに狂っててリオンのことしか喋ってませんでした。酷い。あ、いや、違う、マイメロのことも喋ってた。最近一番気にしてるアニメ(笑)。マイメロ腹黒だよー。クロミ可愛いヨー。
 某ハレンチクラーラーが珈琲牛乳をひっくり返しました。誰か何かやらかすのが僕等です。
 「涙のふるさと」唄ってたら否歪殿が! うあああああ僕会いに来たよ君に会いに来たんだよー!!!
 テンションゲージマックスでGGについて叫んで感心されました頭のオカシさに。そんな、今更。ちょっと勢い余ったので追記でGGについて語っておきますわ! 誰も読みませんかそうですか。

 カラオケの後は食事に行きましたですよ。

 えっと、「ヤメろよたつや…!」? 暖炉の前で? うん。楽しいですね! 僕等の会話全体的にアレでしたね。僕は全体的にオカシなことを口走っていましたね。ホント楽しいメンバーですよ。「頭のオカシイ人が好きなんだ!」と言ったらすかさず「お前がオカシイもんな!」と返してくれる否歪さんが大好きです。ははは予想通りだよ(えぇぇ…)

 次集まれるのはいつなのかなー…。



 HARDでグレバム倒しは、装備を調整したら余裕でした。あーあ。リオンさん大変役に立ったよ。ブラストキャリバー両方叩き込んだよ月閃光からのチェインで。無敵に素敵。
 そういえばね、リオンの技と言えばね、「ピコハン」ですよね。「晶術。晶術?」って、いや、訊かれてもね。ねえ。可愛いなあホント。ロニに落とせばいいのにね。
 
 あーあーもうこの先モチベーションがなあ…。っていうかスタンが久しぶり過ぎてあんまり使えないっていうか正直術技が増えすぎてて把握するのがめんどくさい…。更にディフィニットストライクとか超めんどくさい。あーでも戦闘BGMカッコイイなーちくしょー。

 正直リリスにムカムカきちゃいました。言ってることに筋道が通ってない…。

 「マリアンの入れる紅茶は最高だよ」ってお前は新婚さんかとかいうツッコミは置いといて…さ、坊ちゃん…。あーもう。ああああああああ第2部やりたくねえよースタンとフィリアの2人パーティーとかテンション下がるし赤が少なすぎて(其所なのか)。自分、戦闘能力に色補正付きますから。っていうか長髪コンビはダメだよ。2人なら片方ショートじゃないと。色もコントラストが無いし。

 相反するものしか心の琴線に触れない。

 いつからこうなったのだかな。そんな訳で追記へ。いやまあ内容はアレといえばアレな感じですが、ウィキペディアからの引用とか弟に語り散らかした内容とかなので…まあ…ねえ。取り敢えずウザさは1000%やで。前ブログの「マガジン感想」を彷彿とさせる(其れは酷い)
 弟と2人、テスタメントさんの性別を確認する為にウィキペディアでギルティを検索したらもう、楽しくて楽しくて泣くかと。

 何かもう説明するのがめんどくさい すみません訳判らなくなったので僕が個人的に楽しかった箇所を引用して箇条書きします。ええ、自慰行為です。或いは自傷行為です。楽しいです。本当に。


 ・容姿端麗な外見に惹き付けられる者は男女を問わず多いが、過酷な聖戦を生き抜いて来ただけあって見た目以上の力強さも秘めている。(カイ・キスクより。「男女を問わず」って初めて聞いたぞ僕は。素で守護天使だからねあの子…)

 ・紳士的で女性に優しい反面、紗夢のパンチラに動揺してしまうほど免疫がない。(同。愛おしいですね)

 ・ゲーム中では勝っても負けても、全力を出していないソルに腹を立てている。(同。勝っても激怒です。どうして欲しいんだお前は

 ・ソルからは「お前の正義は平和を踏みにじる物じゃないし、その覚悟が無いような甘ちゃんは目を閉じていろ」と突っぱねられる。ソルなりに気を遣っていると思われる。(同。こんなところで言われてんぞー旦那ァァァァ!!!

 ・石渡氏は「Yシャツの似合うキャラ」,「コンセプトは騎士」,「ソルとは対極的なキャラと言う表現が難しかった」,「癖はペンを回す事」と語っている。(同。ペン回し…Yシャツ…!!)

 ・「炎」は嫌いで、「開放的なシステムが美しくなく、アイツ(ソル)のアレは野蛮で醜い」と語っている。(同。ソルに関してだけこんな口を利くのが大変微笑ましいですね

 ・執拗に決着を迫るカイの事をソルは鬱陶しく思っている。ストーリーモードでは何度か対決しているが、わざと負けたフリをして誤魔化したりする事が多い。ソルからすればカイの追求する正義の道は青臭く見えるようで、カイの事は坊やと呼んでいる。(ソル・バッドガイより。……うん。大好きなんだ此の設定)

 ・実年齢の割にコミュニケーション能力に欠ける。(同。…………

 ・「俺の剣は居合いで地面が鞘だ」(同。バカなのか、こいつも

 ・後ろに束ねた髪は実はウィッグであり、GGのエンディングや攻略本ではいつもよりショートヘアなソルの姿が拝見できる。(同・”拝見できる”という言い方が可愛い。っていうかACのメイン絵もウィッグなのか…?)

 ・クリフの顔を立てて、カイと上手くやろうと努力していたが反りが合わず諦めている。(聖騎士団ソルより。諦めちゃったんだ!(笑) 嗚呼なんかこの辺でマジで涙が出てきた

 ・この頃はカイの事は坊やではなく、小僧と呼んでいた。(同。小僧より坊やの方が可愛らしいと思うんですが、何故の変更なんですか。愛ですか(戻ってこいよ))

 ・他人に好意を持たれる事を避ける為にあえて悪人のように振る舞っている。(テスタメントより。嗚呼、たまらんこういう人)

 ・GGX+のストーリーでは口では怖い事を言いながら力を抑えて戦っていることをディズィーに見抜かれている。(同。たまらん

 ・SPカラー(SLASH&EX)は、漫画『ローゼンメイデン』のキャラクターが元ネタとなっている。(ディズィーより。視認した。双子かっ、かわい…!!!)

 

 ………お? 何か今見たら、読んだ筈の記事が有りませんでした。編集されてしまったようです。面白かったんですよー。「ソルとカイは言動の所為で仲を疑われている。」とか「ソルにとってカイとの関係は子守のようなもの」とか「小説版でイノが未成年であるカイに性行為を要求した」とか(笑)。いや、其れで小説版は叩かれたらしいのだけれど、僕はイノはそのくらいでいいというか寧ろ犯してくれてもよかっ ソルとカイに関してはですね、ドラマCDの終盤のカイの科白「お前が居れば安心だソル」やACのメイン絵(例の近すぎるやつ)に「反響がある」という書き方をされてました。世間的に怪しまれてるんです2人は。アンソロでもそういうネタが多いとか書いてあったなー。うん。弟が買った物の中に幾つか有りましたよ。だって「私では…不服なのか!!」だし。アホで愛おしいですね。
 あ。ヴェノム同性愛者説は修正されずに残ってました。ガチでホモですよね彼は。そうそうその、「同性愛者ではないかと一部で推察されている。」っていうヴェノムの記事に括弧して「ソルとカイに関してもそういう声が有る」って書かれてたんですよ。ACから声が諏訪部さんかあ…。そう言えば彼に関しては弟が初め「辰伶っぽいキャラ」と僕に紹介してくれました。おまえ、「~様!!!」とか言うってトコしか被ってねぇよ!!! つか辞めろよガチの相手子安だぞ!!(爆笑)

 編集は残念でしたが、読めてよかったです。皆が思ってると判っただけで満足です。

 前述のACのメイン絵は幾度も幾度もしつこく言ってますが、マジ近いよね
 mixiでは、「ギルティギア」「GUILTY GEAR AC」「【GG】断固ソルカイ主義主張」の3つのコミュニティであの絵がトップ画像になっているという半ば異常事態(笑) だって前述2つはなんつーか…あああああ。メイン絵なのにオフィシャルソルカイ絵なんだもの! 恥ずかしい…!!

 っていうか、ファーストコンタクトの所為で薔薇獄乙女を聞くとあの絵を思い浮かべてしまう僕が恥ずかしい。

 「逃げてるのか追ってるのか わからなくなるほど」

 とかってな。ソルは逃げてるにしては余裕ぶっこいてますからカイですね。そもそも彼は、追い込まれてソルを追っている感じがしますもの。追っている方が酷く焦燥している。逃げているみたいに。
 カイのコンプレックスがソルそのものですからね。正しくなければ生きられない子ですから、あの強大な存在に、もっとちゃんと自分を認めさせないと身動きが取れないのだと思います。心の奥底で畏敬の念を抱いている相手が余りに自分と違えば、不安定に為るのも当然です。ソルに対してのみ過剰な反応を示すのは、ただ嫌悪して捨て置く訳にいかない程自分の中で彼の存在が大きすぎるからで、人を超越した存在を相手に決着をつけたがっているというのは、無意識の何処かで死に場所を求めていると言っても、言い過ぎではないのではなかろうかと。手を引いてくれればまだ歩けるかも知れないのに、其れを望むことすら拒否したがっている。



 いやもうね、ソルとカイが大好きですよ。どうしたらいいですか此の気持ち。どうしようもないので取り敢えず語っておきますがね、だってさ、カイは闘う際に本気を出して貰えなくてソルにめっちゃ怒ってるんですけれど、其れはソルが哀れですよ。本気出したら死なせちゃいます。遙かな実力差は公式で明らかなのだから。そんな、坊やにそんな酷いこと出来る訳無いじゃない。本気は出せないんだって判ってやれよ。
 どうもね、ソルっていう奴はカイをカイとして見ていないというか、ソルにとってはカイだけではなくただの人間全部が、自分の横を通り過ぎていく存在でしかなくて、ただただ弱く儚い生き物にしか見えていないのだろうなあと。”すぐに息絶えるのだ”という前提の元に接しているような。死んだ時哀しいからペットは飼わないんです。ましてキスクなど自分とは正反対の白い存在で、ただの子どもとしか思っていない。其れでもですね、僕はキスクがソルの目に留まる程度に興味深い人間であれば好いと思っていて、多分その辺から「キスクは頭がオカシイと思う」とかいう発言が出てきているのだと思うんですが。
 其れでもソルにとっては、弱いものは弱いままでせめて、自分やあの男には関わらず生き存えればいいとか、其れがある種の自己防衛であるような、彼なりの優しさのような。
 でもキスクは今此処に生きている自分という存在を見て欲しくて必死で、ソルと対峙しているとまるで自分が既に其所に居ないかのような、既に過去の存在であるような、相手とは別の次元に立っているような、虚無感とか恐怖とか、もどかしさを感じて其れが余計に苛立たせているのだろうと思うのですよ。光源から瞳に熱を感じるのは心地がよいけれど、其れが余りに遠い故だと気が付いて胸までもまた燃やし尽くされるような。熱くて冷たくて、其れが、嫌で、嫌で。
 150年間という彼の過去を知り得ない。まして未来など、手が届かないことがやるせなくて、其れでも今この時に間に合った事が唯1つ大切な事実なのに、蔑ろにされては自分は何なのだと。
 お前は一体私を何だと思っているのかと。


 ……とかね、悶々と考えていたらね、いや僕はゲーセンとか行きませんから直に聞いてはいないんですが、新作のACのソルに対するカイ勝利科白で、

 カイ「どこを見ている! 私はここに居るんだぞ!」



 お・ま・え・は!!!



 …………嗚呼、死なされる…(萌)



 もうどうにでもして下さい
スポンサーサイト

テーマ:テイルズ - ジャンル:ゲーム

【2007/01/03 23:59】 | 同人 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<何度だって生まれ変わる | ホーム | これが恋でも裏切りでも 屍は同じでしょう>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://amberxgarnet.blog58.fc2.com/tb.php/348-acf78270
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。